ニキビ

皮膚科でのニキビ治療か美顔器ケア

ニキビと言えば、かつては思春期の若者を中心として
発症する皮膚トラブルと考えられることが多く、
医療機関で治療するという概念はあまりありませんでした。

しかしながら、近年では、大人になってからニキビなどの
皮膚トラブルに悩まされる人の数が増加し、
その症状は悪化の一途を辿っていると言われています。

その背景にあるのが、過度のストレスや睡眠不足、
乱れた食生活など、日常生活の変化です。

現代の日本は、ストレス社会とも呼ばれ、
全ての社会人がストレスを抱えて生活しています。

そのため、かつての日本人が当然のように行ってきた健康的な生活は不可能になり、
食事の栄養素が偏ったり、睡眠が十分に取れなかったりするケースが増加しているのです。

こうした環境に身を置くことで、体内の健康を保つ機能は損なわれ、
肌の状態も悪化していきます。

肌の健康を保つためには、ターンオーバー機能を正常に保つ必要があります。
ですが、そのターンオーバー機能は体の状態の影響を受けやすく、
健康状態が損なわれると正常に機能しなくなります。その結果、
皮膚の上でアクネ菌が繁殖しやすい状態になり、大人ニキビの原因になると考えられています。

大人ニキビは、通常のニキビと比べ頑固で、
繰り返し起こる傾向があります。

そこで、多くの人が頼りにしているのが医療機関です。

通常、ニキビの治療には、皮膚科や美容皮膚科が一般的です。

皮膚科での治療の際には、クリーム状の医薬品や飲み薬などが処方されます。
治療費かかる料金は、ほとんどの場合が保険適応範囲内とされるため、
経済的負担が少ないとされています。

一方、美容皮膚科では、塗り薬や飲み薬のほかに、
レーザーやビタミン導入などの施術方法が採用されています。
レーザーなどを使用することで、通常よりも短期間で改善効果を実感することができる上、
ニキビ跡なども残らずにきれいに改善するというメリットがあります。
ですが、保険適応の範囲外となるため、経済的負担は比較的高くなると言われています。

また美顔器を購入するのも有効な方法の一つです。

様々な種類があり、超音波やレーザー、ローラー、イオン導入など目的によって異なります。
流石に超音波やイオン、ローラーで、ニキビ治療は出来ませんが、
レーザー(フォトフェーシャル)ならニキビにも効果的です。
どのような美顔器の種類や製品があるのかは以下を参考にして下さい。
<出典>美顔器ランキング

もちろん美容皮膚科のようにはいきませんが、
自宅で使える美顔器でもかなり効果が高いので、
ニキビ肌で悩んでいる方は試してみる価値はありますし、
予防という意味でも使う方が良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です